2001/03/01 Rev.7
セガサターン修理事例集




 このページでは,セガサターンとその互換機(Vサターン,Hiサターン)の修理事例を掲載します。

 なおこれらを行うと販売店やメーカーからの保証は効かなくなるだけでなく,修理サポートも拒絶される可能性があります。また不具合,故障を誘発したとしても当方は一切責任はとれません。あくまで個々の責任において行ってください。
 

1.基礎知識

サターンは電源投入後に以下の手順を行います。修理の際の基礎知識として軽く読んでおいてください。
 
人間系操作
サターン
1)電源投入  レーザーピックアップを最内周へ移動
2)CDをセット
3)CDフタ閉じ ・CDのフタ閉じ検出
・赤色レーザーを出力
・レンズを上下に動かす(フォーカス合せ)
・レーザー反射の有無検出
 →反射があればCDがあると認識
・レーザー反射検出にてスピンドルモーター
(CD回転用モーター)を回転
       :
用語
・レーザーピックアップユニット
 レーザーダイオード、フォーカス調整機構/トラッキング機構(アクチュエータ)、レンズ、ビームスプリッタ(偏向、フォトダイオードなど、各種光学系をユニットとしてまとめたもの。さらにスライド機構やスピンドルモータをも一緒にしたものがある。サターンは後者である。




2.故障事例一覧

 修理事例 1 症状:CD/CD−ROMを読み込まない、データエラーを起こす
 修理事例 2 症状:電源投入しても電源ランプはつくが立ち上がらない/立ち上がるが暴走する/画面が白黒になるなど
 修理事例 3 症状:ゲーム中に内蔵ソフトが立ち上がってしまうなど
 修理事例 4 症状:画像が映ったり映らなかったり、音声出力にノイズが入ったりする
 修理事例 5 症状:CD読み込みミス、ピックアップが最外周、最内周にぶつかる、CDに傷が入るなど
 修理事例 6 症状:電源ランプがついても立ち上がらない
 修理事例 7 症状:電源ランプがつかない(作成中)



4.履歴:

 2001年03月01日 Rev.7 故障モード5〜7を追加
 1999年12月24日 Rev.6 故障モード別に分割
 1999年11月24日 Rev.5 故障モード3文章修正
 1999年10月31日 Rev.4 故障モード3を追加
 1999年 9月18日 Rev.3 一部文章修正/追加
 1999年 9月16日 Rev.2 脱字修正
 1999年 9月15日 Rev.1 公開



一つ前に戻る